ランクルームの選び方と月額料金や支払方法


トランクルームは今人気で、屋内タイプと屋外タイプがあります。料金体系は地域によっても様々で一概には言えません。月額料金の支払方法でクレジットカードが使えないところでも、初期費用はカード払いというところも多いです。料金だけでなく、設備や保証、交通の便など総合的に判断して決めた方がいいです。


トランクルームの選び方と月額料金や支払方法
トランクルームとは何か
屋内タイプと屋外タイプ
支払方法とクレジットカード
物件の探し方と料金体系


★トランクルームとは何か

 トランクルームというのは、個人や企業が日常使わないモノを収納することが出来る貸倉庫施設のことを指します。倉庫業法に基づいたものと賃貸借契約に基づいたものがあり、前者が業者に収納物の管理責任があるの対し、後者は利用者に管理責任があります。以前から利用されていましたが、東日本大震災以降は災害時のリスク分散の観点から、個人で利用することが増えてきて、そのほとんどが賃貸借契約に基づいたものを利用しています。賃貸借契約に基づいているということは、モノを収容するスペースを貸し借りしているということなので、アパートの部屋を借りるように収納スペースを借ります。アパートと同様に借りた部分の鍵を受け取り、アパートと同様に24時間自分の好きな時間に出入りができます。また、アパートと同様に自分が中に取り入れた物品は自分で管理することになります。


★屋内タイプと屋外タイプ

 トランクルームには、屋内タイプと屋外タイプがあります。屋内タイプは、ビルのフロアに仕切りを設け、その一画一画を利用者に貸し出しています。空調設備が完備されていること、多くの場合管理人が常駐していること、防犯性が高いことなどが人気です。屋外タイプは、数多く積まれたコンテナの1つ1つを利用者に貸し出しています。屋内タイプに比べて料金が安いこと、コンテナ前まで車を運転することができ荷物の出し入れがしやすいことなどが人気です。しかし、どちらにしろスペースの広さや立地条件で料金体系は大きく変動します。料金体系を比較・検討したい場合は、借りたいタイプ・知りたい地域を絞ってからのがいいでしょう。絞ることが出来たのなら、不動産情報サイトで調べると簡単に調べられます。大手サイトならば、土地やアパート・マンションの物件と並んでトランクルームの情報も載せてあるので、一発で調べることができます。


★支払方法とクレジットカード

 支払方法は、業者により様々で現金での支払いが出来るところもあれば出来ないところもあり、月額料金をクレジットカードで払えなくても初期費用だけはクレジットカードというところもあります。クレジットカードを持っているということは、カード会社から定期的な収入がある人だという保証をもらっていることですので、クレジットカードの有る無しは業者にとって利用者が信頼できるかどうか簡単にチェックできるものです。クレジットカードを支払方法に選ばない場合でも、トランクルームを利用する際はカードも持っておきましょう。初期費用は、基本的には保証金・事務手数料・使用料から成り立っており、それぞれどのくらいかは業者によって様々です。保証金は、解約後に返金するのが前提で修理費用を差し引いた分を返すところもあれば、初めから返金しないところもあるので事前に確認するのも大切です。


★物件の探し方と料金体系

 トランクルームの月額料金は業者によって大分違います。安いところを探そうとしたらいくらでもありますが、その分保証制度は整っていません。料金が高いと感じるところは、その分損害保険が付随していたり、監視カメラなどの防犯設備が整っていたり、カビに浸食されにくいようにコンテナの質が良かったりすることが多いです。ただの物置をして使用するならば安さだけで選んでもいいでしょう。もし大事なモノを収納するならば、安さばかりに囚われず、総合的に判断することが必要です。事前に見学できるところが多いので、設備のチェックはしっかりとしておきます。また、収納後のモノのメンテナンスも自分で行うべきことなので、交通の便も考慮に入れておきます。出来るだけ近場の方がいいですし、車で1時間以上かかる場所にあると結果的に放置することになる可能性も高いので、30分以内で到着できる範囲で探します。