置き場所に困った愛車を保管


トランクルームには様々な種類があるため、サイズや用途に合わせて選ぶ事ができます。高い防犯対策があるため、自宅よりも安全な場所となります。専門サイトを利用すると格安で質の良い施設が見つかります。


置き場所に困った愛車を保管
好みで選べるバイク収納
内容に合わせて管理できる
自宅よりも安全な場所
とにかく安くするなら専門サイトを利用


★好みで選べるバイク収納

 自宅でバイクやオートバイが保管できない場合は、トランクルームを利用する方法があります。サイズに合わせて選べる広さがあるため、利用する際は手持ちの愛車と照らし合わせて考えると良いです。大きく分けて4つのタイプがあります。コンテナ型と個別収納型、屋外ライン型と屋内共同型です。コンテナ型はレンタルボックスを利用するタイプであり、入口には段差があるため対策が必要になります。完全個室となっているのでバイクや関連用品を保管できます。個別収納型は2輪車用に改良されており、空間もかなり広いため余裕を持って扱えます。屋外ライン型は屋外での管理となるためセキュリティは弱いですが、費用は格安です。屋内共同型は複数の人が共同で使用するレンタルスペースとなっており、契約者以外は入れないため防犯性は高いです。また風雨から愛車を守れるため、キズや劣化を防ぐ事ができます。


★内容に合わせて管理できる

 トランクルームは大きさも広さもバラバラのため、本体が大きく荷物が多い場合は、大きめの施設を選んだ方が利便性があります。逆に本体がコンパクトで荷物が少ない場合は狭小スペースでも保管可能なので、安い費用で維持できます。何年も乗り続ける事を考えると費用も重要であり、無理のない計画を立てる必要があります。近年は盗難も相次いでいるため防犯も意識して選ぶ事が大切です。屋外に防犯カメラを設置している業者や、24時間防犯が可能な施設、街灯やライトで施設を眩しく照らしている場所等が防犯効果があります。出張や研修等で長期間海外へ行く場合も、コンテナであれば安心して管理できます。誰かが入る心配が無く屋外放置ではないため、良い状態で保管できます。大切な愛車を人目に触れる事なく維持管理できるため、高度なセキュリティが実現できるのがレンタルスペースの魅力でもあります。


★自宅よりも安全な場所

 バイクやオートバイは自宅に保管できる場所があっても、盗難やいたずらが相次いでいます。日本には有名なバイクメーカーが数多く存在しますが、その品質や機能は世界屈指であり、盗難して横流しされ転売されるケースが多々あります。また駐車場取り締まりの強化や駐車場不足によって、取り巻く環境も激変しています。盗難の中には見た目には分かりにくい被害もあります。部品の一部が欠如しており走行できない事もあります。その被害の多くが屋外や路上に置いてある時に起こります。大切な愛車を守るためにも、収納は賢い選択肢の一つです。屋外の風雨に耐えるため劣化は防止でき、盗難やいたずらや駐車違反の心配もないです。ハラハラ心配する事なく穏やかに過ごすためにも、レンタルスペースを利用する事で心の負担を軽くできます。収納スペースは自分しか使わないため、好みのインテリアに着飾る事ができます。


★とにかく安くするなら専門サイトを利用

 トランクルームは全国各地にあるため、希望エリアで希望の施設を契約する事ができます。たくさんある情報の中から探すのは難しいですが、専門サイトを利用すれば簡単に見つけ出す事ができます。そこで利用すると便利なのがトランクルームの専門サイトです。まず希望エリアを入力し、愛車の大きさや希望のスペースを検索します。希望エリアに複数の情報がある場合は全ての内容が掲載されるので、一つ一つ確認をします。気になる施設は複数ある場合は、費用と設備内容を比較します。安いから良いというのではなく、設備内容とサービスが充実しているかがポイントとなります。格安でも空調設備や防犯対策がしっかりしている施設もあります。逆に費用は高いのに防犯が弱く不安になる施設もあります。料金と内容をしっかりと見極めて、自分に合ったコンテナを見つける事が大切です。そうする事で愛車を安心して保管できます。