押入れ産業

 

押入れ産業

他社との違い

トランクルームとはどのようなサービスなのか、そのサービスを利用する時にはどういった点に気をつければいいのか、人気の「押入れ産業」を解説しながら、その特長をお話しています。


収納場所が足りない時に便利なトランクルーム
トランクルーム「押入れ産業」とはどんなサービスか
荷物を預ける際に気になる「押入れ産業」の使用料金
使用の際に気をつけたい事
預けられない品物もある


★トランクルーム「押入れ産業」とはどんなサービスか

 トランクルームは収納専用のコンテナをサービス会社の倉庫で保存してくれるものです。トランクルームと一口に言ってもそのサービス内容には様々なものがありますが、このようなサービスを提供している企業のひとつ、押入れ産業では収納専用に開発されたコンテナを使用しているので防塵・防カビ対策がしっかりされているのが特長です。また、コンテナそのものを倉庫の中で保管するため、急激な温度変化に晒されることもなく、安心して大事な家財道具を預けることが出来ます。ここでご紹介する押入れ産業は特に、この業界では全国に多数の拠点を持っており、口コミでの信頼度も高い会社です。品質は積み重ねた技術や知識にも影響されるものなので、長年続けている企業はそういった面でも安心感を持てます。もちろん、荷物が紛失しないような対策もばっちりとされていて、預かる荷物に対してもしっかりと責任を持ってくれます。


★荷物を預ける際に気になる「押入れ産業」の使用料金

 預り責任をしっかり果たしてくれるのはありがたいですが、個人利用の場合にはその料金も気になるところです。また、特に公共交通機関が発達している都市部では車を持っていない人も多いので、預ける場所が都心部からあまり遠くにあると大変です。その点も押入れ産業は安心で、1日216円と、利用料金はなかなかのお買い得価格です。引越しやリフォームの際に工事や引っ越し作業が終わるまでの間家財道具を預けたいといった用途にも使いやすい価格で、場所も都心部に近いので行き来がしやすいです。東京都を中心に、千葉県や埼玉県、神奈川県といった関東圏を中心にして拠点を拡げており、少し離れたところでは大阪府にもトランクルームの拠点があるので、大阪住まいの方も利用することが出来ます。サイト上でどこにトランクルームがあるのか、地域名で簡単に検索が出来るシステムを取り入れてくれているのもありがたいところです。


★使用の際に気をつけたい事

 利用料金も場所も問題なく、実際に預けるとなった時に利用者側で気をつけたいことがいくつかあります。まずは家電の場合です。家電は購入時の箱を使用するのが一番良いですが、こういった箱を残していない人も多いです。そんな時にはその家電がまるごと入るサイズの段ボールを用意し、クッション材として古布や新聞紙を用意します。また、冷蔵庫はしっかりと水分や汚れをふき取っておく必要があります。いくら防カビ対策がされているコンテナでも、預ける家電に水気が残っているとカビの原因になる可能性があるからです。タンスや棚といった家具は、中身を空にしておけば大丈夫です。一緒に預ける家具が傷つかないよう、角をガードできればなお良いです。もし作業に余裕があれば、組み立て式の棚は分解しておくと省スペースになるので、同じ料金でより多くの物を預けることができます。最後に、衣類です。こちらは収納家具ごと預けてしまうのが一番安全です。吊り下げてしまえば、しわ等の心配も少なくなります。


★預けられない品物もある

 トランクルームは様々なかさばる品物を預けることのできる便利なサービスですが、預けられないものもあります。まず、腐敗するものはNGです。いわゆる、食べものや花といったもので、これらは腐ると悪臭の原因になりますし、収納コンテナが痛んでしまうこともあるからです。とはいえ、物や期間によっては可能なこともあるので、事前に問い合わせて確認してみると良いです。次に、生き物です。当たり前ですが、収納コンテナは生き物を預けるためのサービスではないので、生き物を預かるための設備は整っていません。コンテナの悪臭や騒音の原因になりますし、ペットにも快適な空間ではありません。ペットを預ける必要がある場合には、ペットホテルを利用したり、知人に頼るのが良いです。気を付けた方がいいのは、貴重品です。もちろん責任を持って預かってくれるサービスになっていますが、あまりに高額のものは対象外になっていることがあるので、こちらも事前に確認しておくべきです。

口コミ

押入れ産業の公式サイトへ

口コミ募集中!

地域: 年代別: 性別: ご職業など:
口コミを投稿する ※口コミは、内容が確認されしだい掲載されます。

押入れ産業の公式サイトへ