トランクルームの初期費用と更新料の比較


 トランクルームは特長を生かした上手な利用をしたいものです。屋外型は家具や普段使わないものの一時保存、引っ越しの一時保存などに適しています。大切なものを長期的に預けるなら屋内型の空調設備が整った場所を選ぶのがよいでしょう。場所とサービス、そして料金から総合的に判断されることをお勧めします。


進化するトランクルーム業界
1,利用用途に応じたサービスの充実
2,トランクルームの種類について
3,運営する会社について
4,初期費用と更新料の比較について


1,利用用途に応じたサービスの充実

 引っ越しの時の一時的な保管や、すぐには使わないものの保管場所としてトランクルームを利用する人もいるでしょう。貨物コンテナを利用した屋外無人型のものが一般的ですが、最近では「収納コンシェルジュ」のスタッフ常駐型や、ホビー専用トランクルームなど多種多様なサービスがされるようになってきました。一人暮らしの方用に、引っ越し業者との連携による運搬サービスを行っているところもあります。今までは、トランクルームを利用する目的として「一時的な保存場所」が多かったかもしれませんが、「大事なものをしまっておく場所」としても活用され始めています。長期的な保存を前提としている場合もあるため、湿気や温度などの室内環境などに十分な配慮をしているところもあります。ここでは利用用途に応じたサービスについてご紹介したいと思います。


2,トランクルームの種類について

 貨物コンテナを改造した「屋外型」と、建物内に小部屋を用意した「屋内型」に分類されます。屋外型は土地さえあればそこにコンテナを置くことですぐに営業することができるというメリットがありますが、室内温度が外気プラス3度ぐらいになることがあり、また換気口が付いているとはいえ、閉めっきりとなることから、湿度の面でも不安があるでしょう。その分、物件数は非常に多く、利用料金は低めに設定されていることが多いです。屋内型は空きビルスペースの利用などが多いのですが、中には自社ビルを収納専用スペースとしたものや、収納を目的とした建物を最初から作るといったものもあります。「収納コンシェルジュ」というスタッフを常駐させる店舗型のものもあり、サービスに差別化をしています。利用料金は比較的高めですが、不明点にすぐ対応してもらえるというメリットがあります。


3,運営する会社について

 ここでは「ハローストレージ」「キュラーズ」「ライゼボックス」の3社をご紹介します。ハローストレージは北海道から九州鹿児島まで、全国展開をしている会社です。東京、神奈川、埼玉、千葉の物件数が870件を超えていますが、その約78%が貨物コンテナ改造の屋外型です。キュラーズは「収納コンシェルジュ」といわれるスタッフ常駐型の事業を行っています。店舗数は多くなく、関東圏では東京と神奈川に合わせて40店舗ほどです。店舗型は、疑問点にすぐに対応できることや、訪問したその日から使用できるというメリットがあります。一人暮らしの方のために、引っ越し業者と連携し、運搬サービスも行っています。ライゼボックスは、関東圏と関西圏にターゲットを絞った事業展開をしています。東京、神奈川、埼玉、千葉では合わせて200を超える物件数があり、屋内型としては一番の物件数を誇ります。最初から収納を目的とした建物を作っている店舗もあり、室内環境には十分配慮をしています。満室だった場合の「空き待ち」や空くまでに多店舗を利用して空いた時に移動する「スライド制度」などのサービスも行っています。


4,初期費用と更新料の比較について

 ここでご紹介した3社について、「月中15日に世田谷区の2帖のスペース」を借りた場合で、初期費用と更新料の比較をしたいと思います。まず、ハローステージの「等々力目黒通り」ですが、1か月24,700円でした。初期費用として、当月分の日割り使用料、翌月分使用料、管理費2か月分、手数料1か月分、鍵代2,400円、セキュリティ登録料1,080円がかかり、合計で約11万円を超えました。1年契約の自動更新で、更新時には0.5か月分の料金がかかります。次に、キュラーズ「駒沢・深川店」ですが、1か月34,900円でした。初期費用として、当月分の日割り使用料、翌月分使用料、セキュリティカード代2,300円であり、合計で約6万円ほどです。更新料は無料です。最後に「瀬田ライゼボックス」ですが、1か月16,500円でした。初期費用として、当月半月分使用料、翌月分使用料、事務手数料3,000円であり、合計で約3万円ほどです。当月の日割り計算は行っておらず、だいたい15日を基準に計算しているそうです。実際は電話などで確認した方がよいでしょう。更新料は無料です。

この記事に関連するコラム

引越しの一時預かりはトランクルームで解決

 結果として、海外出張などで海外に引越しをするといった時に、長期の荷物の一時預かりをしてもらいたいというときには、ヤマトやサカイ、日通、エース引越センターといった業者よりも、キュラーズやハローストレー...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

浦安周辺でオススメのトランクルームはどこ?

 職場が浦安にあり、バイク通勤用でトランクルームを職場近辺で探した際の体験談を紹介します。インターネットで浦安の職場付近でトランクルームを探したところ、瀬レンタルボックスが安く、一般的な駐輪場を借りる...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

市川(行徳・妙典・本八幡)で人気のトランクルームは?

 田舎から都心に出てきてスペースの狭さに気づかされた社会人一年生が、これまでの自分の宝物を大事にしておきたい、できるだけ自分の近くに置いておきたいと考えた結果、トランクルームを利用することに決めました...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

芦屋の格安トランクルームはどこがオススメ?

 トランクルームを借りることで、部屋を広く使うことができるだけではなく、より便利な生活を手に入れることができます。荷物の大きさやアクセスなどを考慮して自分にあったスペースを見つけると良いでしょう。まず...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

旭川市でトランクルーム選びどこにする?

 旭川でレンタル収納スペースを探していたのですが、ハローストレージは他社との比較で優れていたので契約をしました。  多少料金が高いところもありましたが、その分、安全性が高かったので安心して利用できる点...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む