宅配型トランクルームって何?宅配型トランクルーム比較


 自分で荷物を運ばずにすむ宅配タイプのトランクルームは便利です。ヒロイエやクラウド、ebox24などの業者もいろいろあります。
 それらを比較してみると、クロネコヤマトの宅トラがおススメです。安心だし、リーズナブルです。





集荷に来てくれる便利な宅配型

 荷物をトランクルームに預けたいけれど、車もないしどうやって運ぼう?と悩んでしまうこともありますよね。そこでおススメなのが、宅配型です。
 この方法なら、車がなくても、運転するのが心配、という人も、また育児などで荷物を預けに行く暇がない、といった場合でも大丈夫。
 スタッフの人が荷物を集荷に来てくれます。自分で行かないと不安、と感じる人もいるでしょう。その点は安心です。写真などで荷物を管理できるケースも多く、何がどう入っているかを確認することが可能です。自分で運ぶわけではないので、場所も自由に選べるのもメリットでしょう。
 料金もこちらの方が安い場合もあります。現在では、やヒロイエ、クラウド、ebox24、クロネコヤマトの宅トラなどさまざまな業者があるので、比較検討してみるといいですよ。


さまざまある業者を比較

 さまざまある宅配型。いくつかの業者を比較してみました。一つがヒロイエです。
 メディアなどにも取り上げられているのでご存知の方も多いのではないでしょうか?ヒロイエは、梱包・配送までしてくれる業者です。預けた荷物は写真で管理するので安心ですよ。
 保管料は月額3,980円~。敷金・礼金、手数料もかかりません。クラウドは月額保管料が、宅配便のダンボール約2個分で500円。こちらも写真で管理できて、1個だけでも取り出し可能です。クラウドの特徴はセキュリティが万全な点です。
 有人管理、機械警備、各種防犯設備、監視カメラ、人感センサー、外周セキュリティといったさまざまなセキュリティを配しています。ebox24は最小サイズで1箱あたり月額65円からという驚きの安さ。しかもebox24は1日単位の課金なので、ムダな支払いもせずにすみます。


デメリットは気軽に出し入れできないこと

 トランクルームは家電や自転車、バイクなどを預けるものと決まっているわけではありませんね。
 家にはアルバムなや写真など、けっこうかさばっているものではないですか?家にも捨てるに捨てられない趣味の写真集などが山積み。トランクルームに預けるほどではないけれど、部屋を整理したいと思うものです。宅配型であれば、小さいものから預けることができます。
 荷物を集荷しに来てくれるので楽です。便利で費用も安いのがメリットですが、デメリットもあるということを知っておきましょう。一つは手軽に荷物の出し入れができないこと。急に必要なものがあっても、いちいち連絡をしなければならないので、ちょっと不便を感じることもあります。できれば頻繁に出し入れしなくてすむものを預けた方がいいでしょう。


郊外の倉庫で費用もお得

 さまざまな業者がある中で、私がおススメするのが宅トラです。宅トラはクロネコヤマトが配送を行ってくれるので安心ですね。
 預けた荷物の管理はwebでできます。何を預けてあるかが一目瞭然。これは便利ですよ。トランクルームに預けた荷物って、意外と何を預けたか忘れてしまうことがあります。web上で確認できるのは便利。自分で運んだり取りに行ったりする必要がないので、倉庫はどこでもOKですよね。郊外にある倉庫に預けることも可能なので、都心に預けるよりも保管料がお得になります。
 もちろん、倉庫内は空調も完備されているので家電などを預けても大丈夫。書類などを預けてもきれいなまま保管できますよ。欲しい荷物をパソコンで指示するだけで、クロネコヤマトさんが持って来てくれるので、とても便利です。