自家用車が無くてもトランクルームを楽チンに利用する方法


 宅トラは自家用車がなくても引き取って保管してもらえ、必要なものを宅急便として希望する日時に届けてもらえて安心できます。
 保管状態に関しても、リアルタイムで預けた荷物の状態をWEBでリアルタイムに把握することができる事が安心につながる新しいサービスです。




車がなくても荷物を運べる方法を知る

 自宅の引越しをする際に荷物を一時的に預ける必要が生じてしまい、一時預かりの為のトランクルームを探しましたが、引越し先の付近にトランクルームが無い事や、最大の問題として、荷物を搬入・搬出する為の自家用車を持っていなかったことです。運転免許もないので、レンタカーという訳にもいきません。

 偶然、知人からそんな、トランクルームが近くに無い人で、自家用車ももっていないような人向けのトランクルームがあることを教えていただきました。サービス名は「宅トラ」と言います。さっそく「宅トラ」を調べてみると荷物を一時的に保管してもらえ、 クロネコヤマトの倉庫で保管 して、 希望する日時に荷物を受け取りに来てくれる そうで、か確かに自分に合う条件でした。もちろん、必要な荷物の配送もしてくれます。
 荷物は自宅以外にも配送してもらえることや自宅以外からの送り込みができ、車がなくても別の場所に保管できるため便利です。月額料金も他社に比べて安いことやインターネットを使って指示すると取りに行く必要がなく、時間を有効活用できて役立ちました。 荷物の状況はWEBで確認できる ため安心して利用しやすく、出庫する際にも気軽に指示できるため一時的に置ける場所として重宝できて良かったです。


自宅に荷物が増えて置けない場合にも安心

 宅トラはクロネコヤマトが一時的に保管する荷物を引き取りに来てもらえ、自家用車でわざわざトランクルームまで運ぶ必要がなくて利用しました。
 申し込みはインターネットから行いました。希望の日程と、荷物の量を指定するだけです。申し込むとスタートアップキットが郵送されます。 保管した荷物の一部が必要な時はカートンの番号を指定し、配送希望日時を決めて依頼すると宅急便として届くために便利です。
 利用する時はクレジットカード決済のため、その場でできるために払い忘れなどがなくて良かったです。特にクレジットカード決済ができるので、 他社のように余計な与信で時間がかかったり、保証会社を利用する必要も無く 、クレジットカードの存在意義を久しぶりに感じました。
 また、預けた荷物の状態はどのように管理されているか気になりましたが、サイトを見ると保管状態がアップロードされているので、安心ですね。倉庫は古河市にあり防犯上のために直接訪問することができなくて不安に感じますが、サイトに写真をアップロードしてもらえるため安心して使えて良かったです。


オフィスの物置としても使える

 法人事業社や、個人事業主のオフィス物置としての用途もあると思います。ほとんどの企業さんは、立地条件の良い場所にオフィスを構えているかと思いますが、荷物が増えると、当然ながらオフィスが狭くなりますよね。かといって、保管場所を改めて借りるのは、2年契約以上のオフィスが多く、なかなか契約に踏み出せないですよね。では、トランクルームが便利かと言えば、確かに契約期間が2年とかの縛りはなく、中には契約期間の指定が無いトランクルームもあり便利とは言えます。
 ですが、契約期間が無いトランクルームも良いですが、オフィスの付近で借りるとなると、高額なトランクルームが多く、とは言え、遠い場所でトランクルームを借りれば、搬入と搬出が面倒ですが、今回オススメしている 「宅トラ」であれば、保管してくれる場所は遠隔地ですので、家賃は安く、月額のコストが抑えられ、クロネコヤマトのネットワークを利用するので、荷物は彼らが物流のついでに搬入、搬出つまり、荷物の出し入れを代行してくれるので、手間もかからず、 安い月額コストで、搬入搬出の手間を考えたくない人にはオススメのトランクルーム と言えるでしょう。


オフィスの移転にも役立つ

 オフィスの移転で、よく出てくる問題が、会社の備品であまり使わない備品の発見です。捨てるわけにはいかないが、普段利用する機会も少ない備品ってありますよね。法令などで、契約書を数年間保管しなければならないが、契約書自体はデジタル化していて、原本が必要になることがほとんど無いとか、仕事に必要な備品だが、普段はよほどの事が無い限り必要ないのに、場所を取ってしまうような備品など、普段必要のない備品は、保管地域が遠隔地にありやすい保管料、つまり月額が安く、搬入搬出の手間がかからない「宅トラ」を利用することで、 オフィスの移転先のフロアを備品が無い分、狭いフロアに引っ越すことが可能で、オフィスの不動産賃貸料のコストを下げる事にも貢献 できるでしょう。
 しかもクロネコヤマトの倉庫での保管になるので、大事な書類なども、もしかすると、オフィスの保管よりもセキュリティが厳重かもしれませんね。