AZUKEL(アズケル)

AZUKEL(アズケル)
AZUKEL(アズケル)の割引キャンペーンはコチラから

他社との違い

AZUKEL(アズケル)は、最近人気の宅配型トランクルームを行っており、ダンボールだけの保管と、一般のトランクルーム同様に、モノで預ける広さ貸しの2パターンを扱っています。

そんな契約前に知っておきたいAZUKEL(アズケル)の評判、口コミ、サービス内容、送料や月額の保管料などを紹介します。また、宅配クリーニングの競合との比較、リアルなトランクルームとの比較を行っています。

ちなみにAZUKEL(アズケル)の評判や口コミや体験談などは、一番下に掲載しています。

逆にAZUKEL(アズケル)のを利用されている方の体験談や口コミの投稿もお待ちしています。





AZUKEL(アズケル)の特長(メリット・デメリット)

AZUKEL(アズケル)の特長はいくつかありますが、宅配型トランクルーム最大手の「サマリーポケット」などダンボールでの保管だけを行うタイプが主流ですが、AZUKEL(アズケル)はダンボールでの保管はもちろんの事、ダンボール以外の荷物自体で預かることが可能と言う点が一番のメリットと言えます。

0.2畳から10畳まで幅広い量の荷物を預けることが可能で、冷蔵庫や洗濯機ソファーやベッドといった大型の家具や家電なども預けることが可能です。まさに町中にあるトランクルームをそのまま宅配型にした点が大きなポイントと言えます。


初期費用が無料

AZUKEL(アズケル)では、初期費用が掛からない事が大きなポイントと言えます。

宅配トランクルーム名 初期費用
AZUKEL(アズケル) 0円(無料)

町中にあるトランクルームでは、契約初月の日割り賃料と翌月の賃料は必ず求められ、会社によってそこから鍵交換手数料や、契約手数料、事務手数料、保険料、保証料などの費用が取られ、大体、賃料の2か月分~5か月分程度分の初期費用がかかります。


リアルなトランクルームの初期費用の一覧
サービス名 加瀬のトランクルーム ハローストレージ ライゼボックス キュラーズ
保証金 - - 賃料の3か月分
(長期プランのみ)
-
鍵交換手数料 -
  • 屋外型4,400円
  • 屋内型3,080円
- 2,300円
初月日割賃料 - 賃料の1か月分 賃料の1か月分 賃料の1か月分
翌月賃料 賃料の1か月分 賃料の1か月分 賃料の1か月分 賃料の1か月分
翌々月賃料 - - - -
管理手数料 - 4,400円 3,000円 -
事務手数料 賃料の1か月分 賃料の1か月分 - -
その他備考 -
  • 安心保障パック550円
  • セキュリティ登録料1,100円
- -
合計概算
(最大で計算)
賃料の2か月分 (屋内)
賃料の3か月分
+
9,130円
(屋外)
賃料の3か月分
+
9,350円
賃料の5か月分
+
3,000円
賃料の2か月分

2300円

こちらがリアルで町中にある大手トランクルームの初期費用です。各社の公式サイトから初期費用の項目、計算式、料金を引用し、当サイトにて項目別に比較表としてまとめたものです。

一番安くても加瀬のトランクルームと加瀬のレンタルボックスを運営している加瀬倉庫で最大で賃料の2か月分がかかります。しかも当たり前ですが、自分で荷物を持っていく必要があります。AZUKEL(アズケル)なら当たり前ですが取りに来てくれるのを待っているだけです。


宅配トランクルームでもAZUKEL(アズケル)同様に、ダンボール以外を扱う宅トラと比較すると、宅トラはカーゴで荷物を預かりますが、初期費用がカーゴの大きさによって変わってきます。


他社(宅トラの)宅配型トランクルームの初期費用
サービス名 補足 初期費用
ちびトラ3 ダンボール3個単位で保管 4,500円~9,900円
ちびトラ5 ダンボール5個単位で保管 7,500円~16,500円
ミニボックス ミニサイズのカーゴ保管 19,000円~59,000円
レギュラーボックス ラージサイズのカーゴで保管 22,000円~62,000円
大型荷物 1辺のサイズが170㎝以上の場合 6,850円~50,250円

荷物の解体組み立てに対応

AZUKEL(アズケル)は、物流を自社で持っており荷物の搬入出は自社で行っています。外部の物流業者などを使っているわけではありません。

AZUKEL(アズケル)では、オプションになりますが、ベッドなどの荷物の組み立てや解体を行ってくれますので、依頼主は荷物の搬入出を含めてドアを開けて、お茶を飲んで見ているだけです。


荷物の解体や組み立ての料金表
荷物 解体・組み立て料金(税別)
ベッド 3,000円
2段ベッド 4,500円
電動・特殊ベッド 9,000円
その他 3,000円/20分

その他の場合は事前に「どの程度の費用または時間がかかりそうか?」を確認しておくと良いですね。


好きな場所から送付、受取ができる

AZUKEL(アズケル)の利用方法ですが、宅配トランクルームならではといったところですが、好きな場所から荷物を送れて、希望の場所で荷物を受け取ることができるという点です。


手ぶらでゴルフ

ゴルフクラブ一式を事前にAZUKEL(アズケル)に預けて置き、5日前に、仕事帰りにアズケルのページにスマホからアクセスして、週末行く予定のゴルフ場に荷物を送るよう指示を与える

  ↓

ゴルフ当日にゴルフ場にAZUKELからゴルフクラブ一式が届き、プレイ

  ↓

ゴルフが終わったら、ゴルフ場からAZUKELにゴルフクラブ一式を送る

  ↓

手ぶらで帰宅


手ぶらでスノボ

スノボウェアやスノーボードをAZUKEL(アズケル)に預けておく

  ↓

スノーボードで宿泊予定のホテルにAZUKEL(アズケル)の管理画面からスマホの操作でスノボウェアとスノーボードを送る手配を5日前にする

  ↓

当日、宿泊予定のホテルで荷物を受け取てスノボを楽しむ

  ↓

最終日、スノボを楽しんだらホテルからスノボウェアとスノーボードをAZUKEL(アズケル)に送る


手ぶらで友達の結婚式

友達の結婚式の招待状が届いたが、式場はリゾート挙式で石垣島で行うそうだ

  ↓

結婚式5日前に、予めAZUKEL(アズケル)に預けていた礼服を式場になるリゾートホテルに送る

  ↓

結婚式当日現地のリゾートホテルに届いた礼服に着替えて結婚式に参列

  ↓

式が終わったら私服に着替えて、礼服をホテルのクリーニングに出し、更に礼服をAZUKEL(アズケル)に送ってもらうように手配する。

  • ダンボール以外も保管できる宅配型トランクルームならではの使い方がある。

安心のセキュリティ体制

AZUKEL(アズケル)の特徴の一つとしてセキュリティのレベルの高さが挙げられます。

保管する倉庫には、有人での管理、機械での警備がんされており、ボウガン監視カメラ、人感センサー、倉庫の周りの周回でのセキュリティなどがなされています。また、契約者であっても倉庫に立ち入ることはできません。

所在地も明かされていないというセキュリティの徹底ぶりが安心感にもつながりますね。



  • ダンボール以外も保管可能
  • 冷蔵庫やソファーなど大型の家具家電も対応
  • 初期費用がかからない
  • 荷物の解体や組み立ても対応
  • 好きな場所への荷物を配送できる
  • 好きな場所から荷物を送れる
  • 契約者でも立ち入れないセキュリティレベルの高さ


AZUKEL(アズケル)の箱で預ける

宅配トランクルームで一番オーソドックスなダンボールで預けるパターンですが、ダンボールは自前でもAZUKEL(アズケル)が用意するダンボールで梱包して問題ないです。

ただし、アズケルが指定するダンボールの大きさと、アズケルが用意するタイプのダンボールでは大きさが異なるので事前に預けたい荷物がどの程度入るのか?気にしておくと良いでしょう。


アズケルが指定するダンボールのサイズ

- 自前で用意するダンボール アズケルが用意するダンボール
月額保管料 400円 400円
預入送料 無料 無料
サイズ 縦横幅の3辺の合計が120㎝以内 42×33×30(㎝)
ダンボールの費用 自分で用意するから無料? 200円/箱

また、アズケルでは、30点までダンボールの中の荷物を無料で撮影してくれるサービスがあります。これは、アズケルの利用者に荷物を管理できる管理画面を提供しており、預けている荷物をスマホやパソコンで把握することができ、何を預けているのか、または、何をいつ倉庫から出すか、などを一元管理することができます。

荷物の撮影サービスは他社でも行っていますが、無料なのはアズケルだけです。


写真撮影サービス料金比較
宅配トランクルーム 料金
サマリーポケット スタンダードプランなら無料
エアトランク 1点200円(税別)
宅トラ 荷物を全部まとめて写真撮影
アズケル 30点まで無料

アズケルの30点まで無料が目立ちますよね。

でもサマリーポケットが良く分かりませんね。サマリーポケットの写真撮影や管理画面を利用するには、エコノミープランではなく、スタンダードプランにする必要があります。


サマリーポケットの写真&管理画面の料金を分かりやすくする表
プラン名 レギュラーサイズ ラージ
幅×奥行×高さ 43㎝×37㎝×33㎝ 68㎝×45㎝×37㎝
スタンダードプラン
(写真有)
300円 550円
エコノミープラン
(写真無し)
250円 440円
実質の写真費用 50円 110円

高いわけではないですが、サマリーポケットも写真撮影や管理画面を使うのには、費用が掛かっていることはご理解いただけたかと存じます。

つまり、写真撮影および管理画面の利用に関して無料のアズケル(AZUKEL)がお得と言う事はご理解いただけたかと存じます。


  • 倉庫への送料無料
  • 写真30点撮影(無料)
  • 荷物をスマホで管理できる

ダンボールの保管料金

AZUKEL(アズケル)のダンボール保管のサービスの料金は次の通りでシンプルです。


保管料金(税別) 400円/1箱

ダンボールの倉庫からの送料

宅配トランクルームで落とし穴と言われれいるのが、荷物を出す際です。宅配型トランクルーム業者は倉庫への送料は努力して安く設定していますが、倉庫からの配送料金は一般の配送料金とそれほど変わりません。


一箱当たりの配送料
エリア 配送料(税抜き)
北海道 1,500円
東北 1,200円
北陸 1,100円
関東 1,100円
中部 1,100円
信越 1,100円
関西 1,200円
中国 1,300円
四国 1,400円
九州 1,500円
沖縄 2,600円

  • 保管料は1箱月400円(税別)送料、写真代30点込み
  • 管理画面で写真30点と共に保管内容を確認できる
  • 倉庫からの配送はエリアによって料金が異なる


ダンボール専用の宅配型競合比較

各社色々特徴があるので一概に比較はしにくいのですが、AZUKEL(アズケル)の特長としては、ダンボールサイズの柔軟さと、安く分かりやすいい料金設計がポイントと言えます。


ダンボールを入れる荷物に合わせて自分で用意

各社ダンボールの定義は様々で、サマリーポケットやクロネコヤマトの宅トラはダンボールのサイズが決まっていますが、AZUKEL(アズケル)では幅、奥行き、高さの3辺の合計の長さだけが決まっており、それぞれの3辺のそれぞれの長さは決まっていないので、預ける荷物に合わせてダンボールが用意できる点がポイントと言えます。

ちなみに、ダンボールの3辺の合計の長さだけが決まっている宅配トランクルームは競合ではエアトランクが挙げられます。

- AZUKEL エアトランク
3辺の定義有無 120㎝ 110㎝
月額保管料(税別) 400円 2500/3箱
一箱当たりの保管料/月 400円 833円

同様のサービスになるエアトランクと比較すると、箱のサイズはAZUKEL(アズケル)の方が大きく、月額料金が安いという事になります。


倉庫からの配送料で比較

AZUKEL(アズケル)や宅トラは倉庫からの配送料の定義は、配送する先のエリア毎に料金が分かれていますが、エアトランクはエリア関係なく、荷物の3辺の合計の長さで規定されており、また、サマリーポケットはエリアなどは関係なく、一律で大きいサイズのダンボールは1200円、小さいサイズは1000円と規定されています。

サマリーポケット、宅トラとの配送料比較
エリア AZUKEL サマリーポケット
(レギュラーボックス)
サマリーポケット
(ラージボックス
宅トラ
北海道 ¥1,500 ¥1,000 ¥1,200 ¥1,900
東北 ¥1,200
  • 北東北1600円
  • 南東北1500円
北陸 ¥1,100 ¥1,500
関東 ¥1,100 ¥1,500
中部 ¥1,100 ¥1,500
信越 ¥1,100 ¥1,500
関西 ¥1,200 ¥1,600
中国 ¥1,300 ¥1,700
四国 ¥1,400 ¥1,800
九州 ¥1,500 ¥1,900
沖縄 ¥2,600 ¥3,300

サマリーポケットの方がAZUKELより少々安く、宅トラはAZUKELより高いことが分かります。また、荷物の三辺の長さで送料規定しているエアトランクの料金表は以下の通りで

3辺の長さ
(㎝)
  • 北海道
  • 四国
  • 九州
  • 中国
  • 関西
  • 北陸
  • 東海
  • 信越
  • 関東
沖縄
80 ¥1,000 ¥836 ¥755 対象外
100 ¥1,245 ¥1,082 ¥1,000
140 ¥1,582 ¥1,418 ¥1,336
160 ¥1,736 ¥1,582 ¥1,500
170 ¥3,600 ¥3,100 ¥3,100
180 ¥4,050 ¥3,400 ¥3,400
200 ¥5,000 ¥4,150 ¥4,150
220 ¥6,350 ¥4,950 ¥4,900
240 ¥7,950 ¥6,450 ¥6,450

少々比較がしにくいが、ダンボールで言えば4箱以上でなければ、損をしてしまう事と、4個以上であれば、AZUKELより安い事になる。つまり、1箱単位で取り出すといったような小回りなトランクルームの用途には、エアトランクは向かないという事になる。


初期費用比較

AZUKEL(アズケル)やサマリーポケット、エアトランクは初期費用は無料だが、宅トラだけは有料です。

- AZUKEL サマリーポケット 宅トラ エアトランク
ダンボール以外のプラン -
初期費用
(倉庫への配送料含む)
無料 無料
  • 4800円/3箱につき
  • 8000円/5箱につき
無料

  • ダンボールの規定が3辺の合計なので他社より荷物合わせて荷物に融通を利かせられる
  • 保管料はAZUKELが安い
  • 配送料はサマリーポケットよりは少々高いが、他より安い
  • 初期費用はAZUKELは無料


AZUKEL(アズケル)の「モノで預ける」

サマリーポケットなど他社の宅配型トランクルームがダンボールでの保管に特化している点に対して、AZUKEL(アズケル)では、フリーで荷物を預けることができます。スペースプランと言います。

つまり、冷蔵庫や洗濯機やテーブル、ソファーといった荷物も扱えるという事です。

また、出荷や配送に関しては、外部の物流業者ではなく、自社のスタッフが担当するので安心です。

ベッドなど解体や組み立てが必要な荷物も対応してくれる点も評判が良いです。

海外出張で自宅の荷物を一時的に避難させる必要がある場合や、住み替えなどで、大型の荷物だけを一時的に避難させたいなど、色々と使い勝手が良いでしょう。

費用面で言えば、ダンボールと同様に初期費用は掛かりません。あくまで保管料金と、取りだす際の配送料のみです。町中にあるトランクルームは、初期費用で月極の賃料の2か月分から5か月分程度かかりますが、その初期費用が無料になる上に、荷物の集荷送料が無料というのは大きいですよね。

ただし、唯一のデメリットがあります。AZUKELのモノで預ける「スペースプラン」は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の一都三県のみ対象なのです。


  • 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の3都道府県のみ対応
  • 初期費用無料
  • ダンボールに入らない大型の荷物に対応
  • ベッドなどの解体や組み立ても対応
  • 自社のスタッフが集荷と配送を担当


「モノで預ける」の保管料金

AZUKEL(アズケル)ではスペースPLANと言うサービス名になっており、120㎝以上の箱や大物サイズを預けるプランとしてよういしています。

初期費用や、荷物を倉庫に送る費用は無料です。では、保管料についてみていきます。


AZUKEL(アズケル)のスペースPLANの保管料金
広さ(畳) 月額保管料金
0.2 1,980円
0.3 2,700円
0.5 3,600円
0.8 5,700円
1.0 7,200円
1.2 8,700円
1.5 11,100円
2.0 14,259円
3.0 21,534円
4.0 27,621円
5.0 34,317円
6.0 41,292円

このサイズ以上のサイズも用意しています。細かい荷物も一緒に預ける場合はダンボールを用意してダンボールにまとめておきましょう。引っ越しする時と同じ要領ですね。



「モノで預ける」の倉庫からの送料

AZUKEL(アズケル)の倉庫からの送料に関しては、荷物の縦、幅、奥行きの合計になる3辺の長さで異なります。

AZUKEL(アズケル)の「スペースPLAN」の倉庫からの送料
サイズ(3辺合計) 料金(税別) 各サイズアイテム例
~80cm 1,490円
  • 電話機
  • ファックス
  • HDレコーダー
~120cm 2,090円
  • 電気ポット
  • 炊飯器
~160cm 2,990円
  • 衣装ケース
  • ストーブ
  • 扇風機
~200cm 4,090円
  • 押入れタンス
  • 座卓
  • 椅子
~250cm 6,940円
  • 洗濯機
  • 学習机
  • カーペット(6畳)
  • 単身用冷蔵庫・布団
~300cm 10,040円
  • ソファ(2人掛け)
  • 食器棚
~350cm 15,140円
  • 大型冷蔵庫
  • シングルベッド
  • 本棚
  • 自転車
~400cm 21,340円
  • ダブルベッド
  • 衣装ダンス
~450cm 27,540円 カウチソファ


「モノで預ける」の宅配型競合比較

宅配型トランクルームの最大手のサマリーポケットはダンボールによる箱での保管のみに対応しているので、比較対象から外れます。また、宅トラの場合は、カーゴに荷物を載せて運搬し、そのままカーゴで保管するプランと、1辺が170㎝を超える場合は、大型荷物の扱いになるので、カーゴと大型荷物の2パターンと比較します。


初期費用で比較

AZUKEL(アズケル)とエアトランクは初期費用がありません。保管料金と倉庫からの送料だけになります。

宅トラだけ初期費用が発生します。


AZUKEL(アズケル)のスペースPLANの初期費用比較(東京・埼玉・千葉・神奈川)
宅配型トランクルーム 初期費用(税抜き)
宅トラ
(ミニボックス)
19,000円
宅トラ
(レギュラーボックス)
22,000円
宅トラ(大型荷物)
3辺の長さ250㎝まで
6,850円
宅トラ(大型荷物)
3辺の長さ300㎝まで
9,950円
宅トラ(大型荷物)
3辺の長さ350㎝まで
15,050円
宅トラ(大型荷物)
3辺の長さ400㎝まで
21,250円
宅トラ(大型荷物)
3辺の長さ450㎝まで
27,450円
エアトランク 無料
AZUKEL 無料

AZUKELとエアトランクは初期費用が無料です。宅トラはカーゴタイプがサイズごとに2種類の初期費用があり、大型荷物の場合はサイズによって初期費用が異なります。


月額保管料で比較
- 宅トラ エアトランク ALUKEL
広さ(畳) カーゴ スペース
管理サービス
スペース
PLAN
0.1 - - -
0.2 - ¥5,800 ¥1,980
0.3 - - ¥2,700
0.4 - - -
0.5 ¥4,980 ¥8,800 ¥3,600
0.6 ¥6,000 - -
0.7 ¥6,000 ¥11,800 -
0.8 ¥6,000 - ¥5,700
0.9 ¥6,000 - -
1.0 ¥10,980 ¥14,800 ¥7,200
1.1 ¥12,000 - -
1.2 ¥12,000 - ¥8,700
1.3 ¥12,000 - -
1.4 ¥12,000 - -
1.5 ¥16,980 ¥19,800 ¥11,100
1.6 ¥18,000 - -
1.7 ¥18,000 - -
1.8 ¥18,000 - -
1.9 ¥18,000 - -
2.0 ¥22,980 ¥24,800 ¥14,259
2.1 ¥24,000 - -
2.2 ¥24,000 - -
2.3 ¥24,000 - -
2.4 ¥24,000 - -
2.5 ¥28,980 ¥29,800 -
2.6 ¥28,980 - -
2.7 ¥30,000 - -
2.8 ¥30,000 - -
2.9 ¥30,000 - -
3.0 ¥30,000 ¥34,800 ¥21,534
3.1 ¥34,980 - -
3.2 ¥36,000 - -
3.3 ¥36,000 - -
3.4 ¥36,000 - -
3.5 ¥36,000 ¥39,800 -
3.6 ¥40,980 - -
3.7 ¥42,000 - -
3.8 ¥42,000 - -
3.9 ¥42,000 - -
4.0 ¥42,000 ¥44,800 ¥27,621
4.1 ¥46,980 - -
4.2 ¥48,000 - -
4.3 ¥48,000 - -
4.4 ¥48,000 - -
4.5 ¥48,000 ¥49,800 -
4.6 ¥52,980 - -
4.7 ¥52,980 - -
4.8 ¥54,000 - -
4.9 ¥54,000 - -
5.0 ¥54,000 ¥54,800 ¥34,317
5.1 ¥54,000 - -
5.2 ¥58,980 - -
5.3 ¥60,000 - -
5.4 ¥60,000 - -
5.5 ¥60,000 - -
5.6 ¥60,000 - -
5.7 ¥64,980 - -
5.8 ¥66,000 - -
5.9 ¥66,000 - -
6.0 ¥66,000 ¥64,800 ¥41,292
6.1 ¥66,000 - -
6.2 ¥70,980 - -
6.3 ¥72,000 - -
6.4 ¥72,000 - -
6.5 ¥72,000 - -
6.6 ¥72,000 - -
6.7 ¥76,980 - -
6.8 ¥76,980 - -
6.9 ¥78,000 - -
7.0 ¥78,000 ¥74,800 -
7.1 ¥78,000 - -
7.2 ¥78,000 - -
7.3 ¥82,980 - -
7.4 ¥84,000 - -
7.5 ¥84,000 - -
7.6 ¥84,000 - -
7.7 ¥84,000 - -
7.8 ¥88,980 - -
7.9 ¥90,000 - -
8.0 ¥90,000 ¥84,800 -

こちらは、スペースで保管できるプランを持つ宅配トランクルーム各社の広さ毎の料金を各社の公式サイトから引用し当サイトで比較表にしたものになります。

宅トラに関しては、カーゴの2つのプランを組み合わせで広さに該当する料金を算出しています。

広さ毎に複数のプランがある場合は、一番安いトランクルームの料金を赤字にしています。

一目瞭然ですが、圧倒的にAZUKEL(アズケル)の月額保管料が安いことが伺えます。いずれも税抜き価格での表記になります。

また、宅トラには、大型荷物のプランがあるので、大型荷物のプランも比較したいのですが、3辺の長さの合計で料金設定があり、必ずしも平面の畳で比較できるものではないので、別枠で以下の通り紹介します。一都三県の保管料金です。
宅トラの大型荷物の月額保管料(東京・神奈川・埼玉・千葉)
お荷物の三辺合計の長さ
(縦×横×高さ)
月額保管料
(税抜)
250cmまで 2,250円
300cmまで 3,600円
350cmまで 5,850円
400cmまで 8,550円
450cmまで 12,300円

一都三県の宅トラの大型荷物のプランの月額保管料になりますが、一目瞭然でAZUKEL(アズケル)のスペースプランの方が安いことが分かります。


倉庫からの送料で比較
3辺の合計の長さ エアトランク 宅トラ AZUKEL 事例
~80cm 755円 - 1,490円 電話機・ファックス・HDレコーダー
~120cm - - 2,090円 電気ポット・炊飯器
~160cm 1500円 - 2,990円 衣装ケース・ストーブ・扇風機
~200cm 4150円 - 4,090円 押入れタンス・座卓・椅子
~250cm - 10,591円 6,940円 洗濯機・学習机・カーペット(6畳)・単身用冷蔵庫・布団
~300cm - 14,510円 10,040円 ソファ(2人掛け)・食器棚
~350cm - 20,629円 15,140円 大型冷蔵庫・シングルベッド・本棚・自転車
~400cm - 27,449円 21,340円 ダブルベッド・衣装ダンス
~450cm - 34,269円 27,540円 カウチソファ

こちらは、倉庫から荷物を搬送する際、荷物を出す際の送料の比較表になります。各社の公式サイトから引用したものになります。

3辺の合計の長さが160㎝以下の荷物に関しては、エアトランクと同じかややAZUKELの方が高くなりますが、それ以上のサイズに関しては、他社よりもAZULELの方が送料は安いことが分かります。


管理画面や写真での保管に関しての他社比較

宅配型トランクルームの特長として、預けた荷物を写真やデータで分かるように、各社やユーザーに対して管理画面を提供しています。

この管理画面で預けている商品の情報や映像を元に、荷物の搬出の指示や何を今預けているのかを把握することができます。

宅配トランクルーム 管理画面
の有無
商品写真
の掲載
料金
エアトランク 200円/1点
宅トラ 無料(1箱1枚)
AZUKEL 30枚まで無料

こちらは各社の管理画面と写真撮影の比較表になります。

宅トラは1組にたいして写真が一枚なので、商品個別ではない。また、エアトランクは1枚につき200円の撮影料金が取られますが、AZUKELであれば、30枚まで無料になるので、大量にお願いしない限り、AZUKELの方がお得であることが分かります。


  • AZUKELなら初期費用も倉庫への送料もかからない
  • 月額の保管料金はAZUKELが一番安い
  • 倉庫からの送料も扇風機程度のサイズ以上であれば、AZUKELが一番安い
  • 写真撮影も30枚まで無料なので、預ける荷物が30品以下ならAZUKELが一番お得


リアルなトランクルームとの比較

宅配トランクルームのメリットはリアルなトランクルームと比べて、荷物を持っていく必要が無い事、保管しているアイテムを管理画面で閲覧できること、倉庫は首都圏から離れた場所にあり、立地上、保管料金を安く済ませられること、初期費用が安いまたは、かからない事、また、トランクルームを利用している顧客が中に入れないほど、セキュリティレベルが高く、保管の質も専用の倉庫なので、リアルなトランクルームと比較した場合、同等かそれ以上の保管クオリティがあることなど数多く上げられます。


比較項目 アズケル 一般的なトランクルーム
初期費用 無料 月の賃料の2か月分から
5か月分程度
月額保管料 遠隔地にあるので 安い その土地の不動産価格が左右
取り出すときの送料 不要
管理画面で
保管アイテムの把握
写真付きで把握 ×
セキュリティ
  • 防犯カメラ
  • 倉庫周辺の巡回
  • 人が常駐
  • 人感センサー
  • 常駐のところもあるが昼間だけ
  • 防犯カメラ
  • 二重ロック又は南京錠等
  • 外部のセキュリティ会社と連携
保管状態 外気温以下、湿度も管理 換気や空調があるところもある
運搬 不要 自分で運ぶ

もし、アズケルにデメリットがあるとすれば、対応エリアが一都三県のみであること、荷物を出す際に送料がかかることだけです。

それ以外で言えば、全てにおいてアズケルの方がメリットがあると言えます。


店舗型とのサービス内容での比較

リアルなトランクルームとしては全国展開している大手トランクルームの加瀬のトランクルーム、加瀬のレンタルボックスを運営している加瀬倉庫や、ハローストレージ、キュラーズなどの有名な大手トランクルームと比較していきます。


荷物の運送の手間が無い

当たり前ですが、AZUKELは荷物をトランクルームまで運ぶ必要がありません。AZUKELのスタッフがトラックやバンなどで自宅まで来て、荷物を運んで行ってくれますので、一切手間がありません。荷物を持っていってもらうのであれば、スマホやPCで予約すれば翌日には集荷に来ます。また、配送は希望日の5日前までにスマホやPCで予約すれば、希望の日時に配送をしてくれます。

自分で荷物を運搬する必要が無いのが宅配トランクルームの最大の特徴です。


保管状態の質の高さ

預ける荷物によっては、温度や湿度管理を要する荷物もありますよね。

衣類や、和服などの着物、シルクや革などの衣類、五月人形や雛人形、テディベアなどの人形やぬいぐるみ、漫画や雑誌や書類などの紙類などは、しっかり湿度管理がされていなければ、カビが生えてしまう事もあります。

そもそも町中にあるビルやマンションの中にあるトランクルームは必ずしも換気や空調の管理ができているわけではありません。

屋外にあるコンテナタイプのトランクルームであれば、換気がされているトランクルームが稀にありますが、温度管理はされている事はありません。

宅配型トランクルームのAZUKEL(アズケル)は完全管理された倉庫の中で保管されており、外気温以上になることは無く、湿度も40%~70%で管理されており、保管目的の倉庫として作られています。

屋外型のトランクルームはコンテナであり、物置の延長上にあるので、論外ですが、町中にあるビルやマンションの中にあるトランクルームは、保管倉庫としての空調換気の設備ではなく、あくまで、マンションやビルの設備の範囲内での対応しかできません。保管庫として作られた建物ではないので、保管の質に関しても限界があります。


セキュリティレベルが違う

町中にある広い敷地にコンテナを設置した屋外型のトランクルームは、誰でも敷地内に入ることができ、防犯と言っても南京錠がしてあるだけで、定期的に従業員が巡回監視に来る程度で、セキュリティと呼べるものではありません。

また、ビルやマンションの中に入っている屋内型トランクルームに関しても、セキュリティ自体は屋外型よりもレベルが高く、入り口の二重ロックや防犯カメラが設置されているケースが多く、一部、キュラーズだけは、昼間はスタッフが常駐しているが、その他のトランクルームの大多数は、スタッフや警備員がトランクルームにいることは無く、ALSOKや綜合警備保障、セコムなどの外部の警備会社に委託して、防犯カメラなどに何かあれば駆け付ける程度のセキュリティしかありません。とはいえ、これでも十分かとは思います。

これに対して、AZUKELでは、そもそも契約者であっても敷地内に立ち入ることはできません。

また、倉庫の外では、警備員あ常時巡回しており、倉庫内は防犯カメラは勿論の事、人感センサーなどが張り巡らされており、外部からの侵入はできません。

また、立地に関しても過去に天災の履歴が無い立地で倉庫を用意しているので、防犯のみならず、天災の影響も受けづらいという部分でもメリットが大きいです。


写真付きで荷物をスマホで管理

町中のトランクルームに一度荷物を預けると、何を預けていたか忘れてしまうなんてこともよくある話で、結果として預けていた荷物を数年後に全部廃棄処分することになった。と言った話はよく聞く話で、AZUKELであれば、荷物を30点を上限に写真撮影してくれます。また、預けた荷物のデータをAZUKELが写真と共にアップロードしてくれるので、預けたユーザーはスマホやPCからいつでも預けている荷物を確認することができます。

また、荷物の取り出しには、そのスマホから送る荷物を指定して、送るという処理をするだけなので、そもそも、何を預けていたかを忘れるといった事も無いですし、荷物の取り出しも効率よく行う事ができます。


AZUKELなど宅配型の唯一のデメリット

ここまで保管の質や、セキュリティ、荷物の見える化などAZUKEL(アズケル)のメリットが目白押しでしたが、AZUKELに限ったことではありませんが、宅配型トランクルームにも欠点はあります。

宅配型トランクルームがリアルにある町中のトランクルームに劣る欠点は2点あります。


荷物が必要な時にスグ取りに行けない。

当たり前と言えば、当たり前ですが、荷物は遠隔地の倉庫の中に格納されているので、遠い為、すぐに取りに行くことはできません。

もし、取りに行ったとしても、AZUKELでは、契約者と言えどセキュリティの都合で倉庫の中に入ることはできません。

あくまで管理画面から商品を選択して、配送の手配をする方法以外ありません。また、翌日配送などには対応しておらず、最短で配送の手配をしてから5日かかります。ですので、ある程度早めに、予約する必要があります。


荷物の配送で費用が掛かる

宅配型トランクルームは、初期費用が掛からない事や、月額の保管料が安い事で料金面のメリットを大きく訴えていますが、逆に、町中のトランクルームに掛からなくて、宅配型のトランクルームだけに発生するコストもあります。それは、荷物を倉庫から発送する送料です。

町中のトランクルームであれば、好きな時に車などを使って荷物を取りに行くだけですので、かかるコストもガソリン代程度ですが、宅配型トランクルームでは、送料が発生します。


AZUKELの倉庫から発送する送料(箱プラン)
エリア AZUKEL(税別)
北海道 ¥1,500
東北 ¥1,200
北陸 ¥1,100
関東 ¥1,100
中部 ¥1,100
信越 ¥1,100
関西 ¥1,200
中国 ¥1,300
四国 ¥1,400
九州 ¥1,500
沖縄 ¥2,600

AZUKELでダンボールで保管する箱プランでの倉庫からの発送料金の一覧になります。



AZUKELの倉庫から発送する送料(スペースプラン)
3辺の合計の長さ 送料(税別) 事例
~80cm 1,490円
  • 電話機
  • ファックス
  • HDレコーダー
~120cm 2,090円
  • 電気ポット
  • 炊飯器
~160cm 2,990円
  • 衣装ケース
  • ストーブ
  • 扇風機
~200cm 4,090円
  • 押入れタンス
  • 座卓
  • 椅子
~250cm 6,940円
  • 洗濯機
  • 学習机
  • カーペット(6畳)
  • 単身用冷蔵庫
  • 布団
~300cm 10,040円
  • ソファ(2人掛け)
  • 食器棚
~350cm 15,140円
  • 大型冷蔵庫
  • シングルベッド
  • 本棚
  • 自転車
~400cm 21,340円
  • ダブルベッド
  • 衣装ダンス
~450cm 27,540円 カウチソファ

こちらは、荷物で預けるAZUKELのスペースプランの倉庫からの送付料金で、縦、横幅、奥行きの合計の長さに応じて料金設定されている。

荷物の搬出の頻度が多ければ、それだけコストがかさむので、搬出利用頻度が少ない荷物を預けるのであれば、金額面での利用メリットが大きいでしょう。




料金・費用面での比較

AZUKELの宅配型トランクルームと、町中にあるトランクルームとの比較をここでは金額、料金、費用面で比較していきます。


初期費用で比較

宅配型トランクルームの「AZUKEL(アズケル)」では初期費用は発生しません。そもそも、初期費用とは何か?という話ですが、賃貸のアパートやマンションを借りる際に、敷金、礼金、保証料、仲介手数料など月額賃料の数か月分を不動産会社に支払い契約開始となりますが、これと同じくトランクルームでは一般的には、初期費用が発生します。

トランクルームの初期費用は、契約初月の日割り分の賃料と翌月分の賃料、つまり最大で2か月分の賃料がかかります。また、その上に、鍵交換手数料、契約手数料、事務手数料、保証料、保険料など、トランクルーム運営会社によって異なりますが、大体初期費用の相場としては、賃料の2か月分から5か月分程度の費用を契約時に支払います。


リアル対AZUKEL初期費用比較一覧表
3辺の合計の長さ 送料(税別) 事例
~80cm 1,490円
  • 電話機
  • ファックス
  • HDレコーダー
~120cm 2,090円
  • 電気ポット
  • 炊飯器
~160cm 2,990円
  • 衣装ケース
  • ストーブ
  • 扇風機
~200cm 4,090円
  • 押入れタンス
  • 座卓
  • 椅子
~250cm 6,940円
  • 洗濯機
  • 学習机
  • カーペット(6畳)
  • 単身用冷蔵庫
  • 布団
~300cm 10,040円
  • ソファ(2人掛け)
  • 食器棚
~350cm 15,140円
  • 大型冷蔵庫
  • シングルベッド
  • 本棚
  • 自転車
~400cm 21,340円
  • ダブルベッド
  • 衣装ダンス
~450cm 27,540円 カウチソファ

こちらは、AZUKELと、町中にあるトランクルームの大手の加瀬のトランクルーム(加瀬倉庫)、ハローストレージ、ライゼボックス、キュラーズ、収納ピット、オレンジコンテナ、プライベートボックス、イナバボックスなどの大手トランクルームの初期費用を比較したものです。

町中にあるトランクルームに関しては、各社の公式サイトに記載されている初期費用の内訳や金額、計算式を参考に初期費用を算出しています。

契約初月の日割り賃料に関しては、賃料の1か月分として計算に入れています。

一目瞭然ですが、AZUKELはそもそも初期費用がかからないので、安いというよりは、町中のトランクルームとの違いを理解いただければと一覧表にしました。


倉庫への送料で比較

自宅から荷物を倉庫に預ける際の費用に関しての比較です。

AZUKELなど宅街型トランクルームで倉庫までの送料が発生する業者は少なく、大手では、クロネコヤマトの宅トラくらいで、AZUKELを含めるほとんどの宅配型トランクルームでは、送料がかかりません。

また、町中のトランクルームではもちろん、送料はかからず、車で荷物を運ぶ場合は、その車のガソリン代で、電車で運ぶのであれば、電車代、歩けば無料といったところです。どちらもトランクルーム運営会社に支払う費用は発生しません。

- AZUKEL 町中にある
トランクルーム
倉庫への送料 無料 ガソリン代?
電車代?

保管料で比較

AZUKELのダンボールでの保管タイプの箱プランは全国対応ですが、荷物の保管であるスペースプランに関しては、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県のいわゆる一都三県のみ対応と言う事もあり、町中にあるトランクルームはどちらかと言えば、色々な荷物をスペースに運び入れて積載していくので、AZUKELのスペースプランとの比較が相応と言えるので、一都三県の大手のトランクルームと月額賃料の比較をしていきます。

一都三県のすべてのトランクルームと比較して行ったらきりがないので、各都道府県で一番人口の多い市区町村で、中心の駅に近いトランクルーム数店舗とAZUKELの月額の保管費用を比較していきます。


東京都世田谷区三軒茶屋駅付近で比較
トランクルーム名 AZUKEL キュラーズ
池尻大橋店
三軒茶屋
ライゼボックス
ハローストレージ
三軒茶屋2
収納PIT
世田谷三軒茶屋北店
住所 - 東京都世田谷区
池尻2-37-11
東京都世田谷区
三軒茶屋2-22
東京都世田谷区
太子堂3-15-2
東京都世田谷区
太子堂2-4-16
タイプ 宅配 屋内 屋内 屋内 屋内
駐車場 - × ×
防犯機器
換気 ×
空調 × ×
エレベーター - × × ×
0.2畳 ¥1,980 - - - ¥5,500
0.3畳 ¥2,700 - - - ¥7,700
0.4畳 - ¥13,530 - - -
0.5畳 ¥3,600 ¥15,510 - ¥9,900 ¥13,200
0.7畳 - ¥17,930 - - ¥17,600
0.8畳 ¥5,700 ¥20,900 - - -
1畳 ¥7,200 ¥23,430 - ¥17,700 ¥22,000
1.1畳 - - - - ¥23,100
1.2畳 ¥8,700 - - - ¥24,200
1.3畳 - - ¥12,430 - -
1.5畳 ¥11,100 - - ¥23,300 ¥27,500
1.6畳 - - ¥14,630 - -
1.7畳 - - ¥15,730 - -
2畳 ¥14,259 - - ¥30,600 -
2.1畳 - - - - ¥30,800
2.7畳 - - - - ¥36,300
3畳 ¥21,534 - - ¥44,700 -
4畳 ¥27,621 - - - -
5条 ¥34,317 - - - -

こちらは、東京都世田谷区の中心地三軒茶屋駅周辺にある駅から近いトランクルームを4店舗ピックアップして、AZUKEL(アズケル)と比較のスペースプランと月額の賃料を比較しました。

そもそも世田谷区の地価が高すぎるという話もありますが、圧倒的にAZUKELの方が安いですよね。


千葉県船橋市船橋駅付近で比較
トランクルーム名 AZUKEL 加瀬のレンタルボックス
船橋南本町
ハローストレージ
船橋海神J
ハローストレージ
船橋湊町
トランクハウス24
船橋栄町
住所 - 千葉県船橋市
南本町12-15
千葉県船橋市
海神3-24
千葉県船橋市
日の出1-1-7
千葉県船橋市
栄町一丁目20-15
タイプ 宅配型 屋外 屋外 屋外 屋内
駐車場 × ×
防犯機器 × × ×
換気 × ×
空調 × × ×
エレベーター × × × × ×
0.2畳 ¥1,980 - - - -
0.3畳 ¥2,700 - - - -
0.5畳 ¥3,600 - - - -
0.7畳 - 4950 - - 6000
0.8畳 ¥5,700 - - - -
1畳 ¥7,200 - - - 11300
1.2畳 ¥8,700 - - - 13100
1.5畳 ¥11,100 - - 10000 15700
1.6畳 - 9900 10500 - -
2畳 ¥14,259 12100 12500 12500 19700
2.4畳 - - 13500 - -
2.5畳 - - - - 23300
2.6畳 - 14300 - - -
3畳 ¥21,534 - - 15000 26700
3.2畳 - - 15500 - -
4畳 ¥27,621 22000 - 18500 32400
5畳 ¥34,317 - - - -
6畳 ¥41,292 - - - -
8畳 - 38500 - 35000 57800

こちらは、千葉県で一番人口の多い船橋市の中心駅「船橋駅」周辺のトランクルームとAZUKELの月額賃料を比較した一覧表になります。

1.2畳以下はAZUKELの月額賃料が一番安いですが、1.5畳以上ではいくつかのトランクルームの方が賃料が安いケースが見受けられます。

AZUKELが必ずしも賃料で一番安いという事は言い切れそうにありません。


埼玉県川口市川口駅付近で比較
トランクルーム名 AZUKEL 川口市中青木
ライゼボックス
ハローストレージ
川口本町
飯塚
ライゼボックス
トランクデイズ
川口
住所 - 埼玉県川口市
中青木2丁目12-5
埼玉県川口市
本町3-6-21
埼玉県川口市
飯塚3-9-7
埼玉県川口
市川口2-4-17
タイプ 宅配型 屋外 屋内 屋内 屋内
駐車場 -
防犯機器
換気 ×
空調 ×
エレベーター - ×
0.1畳 - - - - -
0.2畳 ¥1,980 - - - -
0.3畳 ¥2,700 - - - -
0.4畳 - - - - -
0.5畳 ¥3,600 - 7000 - 5500
0.6畳 - - 8600 - 6490
0.7畳 - - - - 7480
0.8畳 ¥5,700 6930 - - 8250
0.9畳 - - - - 9020
1畳 ¥7,200 - 11000 - 9570
1.1畳 - - - - 10450
1.2畳 ¥8,700 - - - -
1.3畳 - - - - 11990
1.4畳 - - - 10230 12540
1.5畳 ¥11,100 - 18000 - 13200
1.6畳 - - - - 13750
1.7畳 - 11880 - 12430 -
1.8畳 - - - - 15070
1.9畳 - - - - 15400
2畳 ¥14,259 14,080 21300 - 15950
2.1畳 - - - - 16610
2.2畳 - - - - 17270
2.4畳 - - - - 18700
2.5畳 - - 24300 16830 19470
2.6畳 - - - - 20130
2.7畳 - - - - 20680
2.8畳 - - - - 21230
2.9畳 - - - - 21780
3畳 ¥21,534 - 27900 - 22440
3.1畳 - 22330 - - 22880
3.2畳 - - - - 23430
3.3畳 - - - - 23980
3.8畳 - - - - 26730
3.9畳 - - - - 27280
4畳 ¥27,621 22,000 35900 - -
4.3畳 - - - - 29700
4.8畳 - - - - 32670
5畳 ¥34,317 - 41300 - -
6畳 ¥41,292 - - - -
6.7畳 - - - - 44220
8畳 - 38,500 - - -

こちらは、埼玉県で一番人口が多い、川口市の中心駅、川口駅周辺にあるトランクルームで駅から近いトランクルームの情報を格公式サイトから引用し、当サイトにて比較表にしたものになります。

AZUKELが提供している広さのプラン12個のうち、2畳と4畳のプランだけ他社に賃料で負けましたが、それ以外は川口駅周辺で最安値です。



神奈川県藤沢市藤沢駅付近で比較
トランクルーム名 AZUKEL ストレージプラス
藤沢
トランクハウス24
藤沢
ルームマートコンテナ
藤沢本町
住所 - 神奈川県藤沢
市本町1丁目11-13
神奈川県藤沢市藤沢1095番3 神奈川県藤沢市
本町2丁目1157
タイプ 宅配型 屋内 屋内 屋外
駐車場 -
防犯機器
換気
空調 ×
エレベーター - ×
0.2畳 ¥1,980 - - -
0.3畳 ¥2,700 - - -
0.5畳 ¥3,600 - - -
0.6畳 - ¥6600 ¥5800 -
0.7畳 - ¥7370 - -
0.8畳 ¥5,700 - - ¥5100
0.9畳 - ¥8140 - -
1畳 ¥7,200 ¥10780 - -
1.2畳 ¥8,700 - - -
1.4畳 - ¥13200 ¥10500 -
1.5畳 ¥11,100 - - -
1.6畳 - ¥17600 - ¥7200
2畳 ¥14,259 ¥19800 ¥15500 ¥9300
2.2畳 - - ¥14300 -
2.4畳 - ¥23100 ¥18800 -
2.8畳 - - ¥20900 -
3畳 ¥ 21,534 - ¥22300 -
3.2畳 - - ¥19000 -
3.7畳 - - ¥26900 -
4畳 ¥27,621 - - ¥18800
4.6畳 - - ¥33500 -
4.8畳 - - ¥35000 -
5畳 ¥34,317 - - -
5.5畳 - - ¥39800 -
6畳 ¥41,292 - - -

こちらは、神奈川県で一番人口の多い市区町村の藤沢市の中心の駅藤沢駅周辺のトランクルームと比較をしています。

一部かなり安い店舗がありますが、ハローストレージなど大手のトランクルームと比較するとやはり、AZUKELのトランクルームの月額料金の安さが際立ちますね。




AZUKEL(アズケル)で預けられない荷物

なんでも預けられるという訳でもありません。以下に該当する荷物はAZUKELではNGになっています。

  • 現金(紙幣・硬貨)、有価証券、クレジットカード、キャッシュカード、印鑑、預金通帳、保険証券等の貴重品
  • 希少性・独自性高いもの又は代替の不可能なもの
  • 貴金属製装身具、宝石、美術品、骨董品、その他の工芸・収集品等の高価な商品又は貴重品
  • 灯油、ガソリン、ガスボンベ、マッチ、ライター、塗料等の可燃物
  • 農薬、劇薬、火薬、毒物、化学薬品、放射性物質等の危険物又は劇物
  • 磁気を発し、その他の保管品に影響を与えるもの
  • 高級着物、毛皮コートその他の毛皮製品
  • 長期保存が効かない食料品
  • 動植物(種子・苗を含む)
  • 異臭もしくは悪臭を発するもの又は発するおそれのあるもの
  • 本規約に定めた以外の管理を必要とするもの
  • 法令により所持を禁止されているもの
  • 価額が算定できないもの
  • 上記以外で、公序良俗に反するもの又は社会通念上保管する上で不適切なもの

基本的には、生きている物、火器に該当する危険物、犯罪の温床になりうるものなどの保管を断っているという事になります。

どこのトランクルームでも同様ですね。



AZUKEL(アズケル)の申し込み方法


①、会員登録

AZUKEL(アズケル)の公式サイトから希望のコースを選んで集荷依頼を行う。最短2日後に集荷に来てくれます。

  ↓

②集荷

ダンボールで保管する箱プランの場合は宅急便が集荷に来ます。スペースプランの場合はAZUKELのスタッフが荷物の運搬にやってきます。

  ↓

③荷物の登録

集荷後3日程度で、預けられた荷物に上限30点まで写真付きで管理画面にアップロードされるので、荷物をスマホで確認することができます。


  • 最短2日で集荷に来ます。
  • 荷物の集荷は全てスマホやPCでの操作で完了
  • ダンボールの集荷は宅急便が対応
  • スペースプランの場合は、AZUKELのスタッフが集荷
  • 運搬後3日程度で荷物の情報が写真付きで専用の管理画面にアップロードされる


AZUKEL(アズケル)の決済方法

アズケルは全てクレジットカードでの支払いになっています。


対応しているクレジットカード一覧

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners Club


AZUKEL(アズケル)の荷物の取り出し方法

AZUKELの荷物の出し方はいたって簡単、スマホやPCでできます。


【1】スマホやPCで管理画面から出荷依頼

ログインして、自分の取り出したい荷物を選択して、配送希望日時を指定するだけ。配送場所の指定も可能。1点単位の搬出も可能

   ↓

【2】自宅で配送されるのを待っているだけ。ベッドなど大型家具などは組み立てなども事前に設定しておけば対応可能


  • スマホかPCからで指示するだけ
  • 荷物は1点から搬出可能
  • 好きな場所に配送可能


AZUKEL(アズケル)の口コミや評判

保管されている荷物の写真の管理画面の口コミです。確かに把握し易そうですね。


これは、要注意ですね。写真はこのサービスの胆の一つなので。


へービーユーザーさんや使った方の高評価の感想

口コミ

AZUKEL(アズケル)の割引キャンペーンはコチラから

東京都・30代・男・会社員

サマリーポケットは使い勝手良いけど、段ボールに入る物しか扱えないのが残念。料金面ではサマリーポケットの方が安いけど、ダンボールの箱の大きさのルールも縦横高さが厳格ルールで厳しい。アズケルなら縦横高さの合計だけが決まっているので、荷物に合わせてダンボールを選べるから使いやすい。ダンボールはAmazonで安く売ってるので、それを活用。


千葉県・20代・女・学生

スキーの板とスキーウェアを預けています。使う時に、スキー場に送ってもらい、終わったら、板はしっかり水滴を拭きとってからアズケルに送って、ウェアはホテルのクリーニングサービスで、しっかり撥水加工をしてもらって、そのままアズケルに送ってもらっています。クリーニングしないと、後ですごい臭いになって次のスキー場で出会う事になるから要注意。


東京都・30代・女・主婦

地元のトランクルームを使うか、どっちが安いかだと思います。都内23区内ならAZUKELの方が安いと思います。練馬区から江戸川区に引っ越してきましたが、前も今も利用しています。厚木に住んでいる友達に進めたら、地元のキュラーズの方が安いと言われてしまいました。


兵庫県・40代・女・会社員

スペースプランは一都三県しか使えないのが大問題。大阪に引っ越した際にAZUKELに連絡し忘れていて、いざ使おうと思った時に、連絡したら、とんでもない送料を言い渡されてしまいました。箱のプランは全国対応なのに、なんで、スペースプランは全国対応してくれないのだろうか


口コミ募集中!

地域: 年代別: 性別: ご職業など:
口コミを投稿する ※口コミは、内容が確認されしだい掲載されます。

AZUKEL(アズケル)の割引キャンペーンはコチラから