サマリーポケット

サマリーポケット

他社との違い

テレビCMなどで有名な新しい宅配型トランクルーム「サマリーポケット」の特長やサービス内容、料金体系などを紹介していきます。また、通常のトランクルームとの違い、メリットデメリットにも触れていきます。





サマリーポケットの利用方法

町中にあるトランクルームとの違いの一つがここにあると言っても過言ではないと思います。一般的なトランクルームでは、身分証明書と申込書、銀行通帳のコピー、印鑑などを持参して、契約をします。また、中には即日契約ができるトランクルームもありますが、大体、最短でも2日程度の与信審査期間を経て契約と言う流れになります。

従来のトランクルームの契約

  1. 本人確認証(運転免許証,パスポート,保険証等)
  2. 銀行通帳または、クレジットカード
  3. 銀行印(口座引落の場合)
  4. 各社の契約書

これらの書類を持参又は、原本のコピーを郵送でやり取りする必要がありました。法人の場合は登記簿謄本と印鑑証明、代表者の身分証明書などが必要になります。

その上、審査に2日以上の日数を要する為に、従来のトランクルームは契約からサービス開始まで手続き上の面倒さが目立ちます。


その点、サマリーポケットの宅配トランクルームは、インターネットで物販で物を購入するのと同じ感覚で、契約及び発注が可能になります。

すべてがスマホやPCで完結するという訳です。

では、具体的にフローを見ていきましょう。


ボックスの取り寄せ

そもそも面倒な契約という従来のトランクルームのフローがありません。まずは、アンドロイドまたは、アイフォーンアプリといったアプリまたはサマリーポケットの公式サイトにアクセスし、自分の情報を入力し登録後、預ける荷物のサイズにあった箱を選びます。レギュラーサイズ、ラージボックス、アパレルボックス、ブックサイズの4種類です。ブックサイズはその名の通り、文庫本など本をいれやすいサイズになっていますが、その他は目安が分かりにくいと思いますので、サイズと目安を紹介します。


サマリーポケットのサイズ感一覧
  レギュラーボックス アパレルボックス ラージボックス ブックスボックス
幅×奥行×高さ
(cm)
43×37×33 60×38×20 68×45×37 45×34×23
イメージ A4ファイル60冊 Tシャツ100枚 アウター20着 文庫本130冊
イメージ画像1
イメージ画像2
イメージ画像3
イメージ画像4

希望の箱と個数を選択すると、無料で後日箱が郵送されてきます。



集荷

届いた箱に荷物を詰め込んだらサマリーポケットのページを開いてスマホで、集荷希望日時を選択するだけで、ヤマト運輸のドライバーが荷物を受け取りに玄関まで来てくれるので、荷物を渡すだけ。当日集荷にも対応しています。コンビニ渡しや、ヤマト取扱店への持ち込みも可能です。

東京、千葉、神奈川の一部エリア限定ですが、無料で早朝や深夜での集荷にも対応しているのでユーザーの生活リズムを極力崩すことなく、ユーザーに合わせたタイミングで出荷することができます。

東京・千葉・神奈川限定の早朝、深夜集荷スケジュール
6時ー7時 7時ー8時 8時ー9時
9時ー10時 10時ー12時 12時ー14時
14時ー16時 16時ー18時 18時ー21時
21時ー22時 22時ー23時 23時ー24時

かなり細かくタイムスケジュールが刻まれているので、お仕事帰りや、仕事に行く前などに集荷してもらうこともできるので忙しい家庭にはピッタリです。


こんなニーズにも対応

どこでもヤマト運輸は日本全国にやってきてくれるので、旅行先や遠隔地の結婚式場や葬儀場などに来てもらったり、付近の宿泊施設のホテルのフロントから、衣類や喪服、礼服、出張先から出張最終日にスーツなどの衣類の集荷をしてもらうなど、使い勝手が良いです。

特に衣類でかさばるのが、スキー場でのスキーウェアやスノボウェアを持って行ってもらうというのも方法としてあります。

後で説明しますが、クリーニングオプションや靴か鞄ならリペアなどのオプションをつけることもできるので、次回利用する際はクリーニングされた状態、リペアされた状態で使用することができるので、とても便利です。



写真撮影と確認方法

エコノミープランは対象外になりますが、スタンダードプランで申し込みをすると、預けた荷物一箱あたり30点を上限に写真撮影してもらえます。 30点を超過している分に関しては、複数のアイテムを纏めて合計30点以下になるよう、サマリーポケットのスタッフが任意で調整して撮影を行います。

撮影されたアイテムは、サマリーポケットのアプリから確認することができ、何を預けたか忘れても、アプリで確認することができ、必要な時にどれを送ってもらうかをこのアプリから写真を見て、指定することができます。



荷物の取り出し受け取り

預けた荷物を写真撮影しているスタンダードプランや預けた書籍をデータベース化してくれるブックスプランでは、荷物取り出しは、箱毎ではなく、商品個別に行う事ができます。

本なら分かりやすく、全部の本を配送してもらうと読まない本もあるので、置き場に困るので、読む本だけを配送してもらうというピックアップができるという事です。

スタンダードプランであれば、結婚式に出席する予定があるから、ドレスや礼服だけを配送してもらうとか、スキー、スノーボードに行く予定があるから、スキーウェアだけを配送してもらうといった手続きが可能です。

これらのピックアップから配送依頼まで、全て、サマリーポケットのアプリ上で行う事が可能です。

また、配送先を指定できるので、結婚式なら結婚式場のホテルに配送してもらったり、スキーウェアなどであれば、スキー場の近くの宿泊予定の旅館に送ってもらうといった手続きも可能です。


ちなみに、指定した荷物は最短翌日配送されます。また、届いた際に梱包に使われているダンボールはそのまま次回預ける際に転用可能です。



荷物の保管環境(寺田倉庫の保管内容)

サマリーポケット自体はテレビでCMをしているので、安心、安全なサービスであると認知されているとは思いますし、サービス自体も、料金の安さと、自宅から出ることなくトランクルームが利用でき、プランによっては箱で預けたにもかかわらず、預けた商品の箱の中身を指定して、荷物を引き出せるというポイントがあるが、実際預ける保管庫、倉庫はどうなの?と言う疑問がありますよね。

例えば、預けた衣類や、寝具などが、湿気でカビが生えてきたり、熱で痛んだりしたら困りますよね。預けた本が熱でよれよれになっていたり、表紙面にカビが生えていたら、ショックですよね。


荷物の保管は、倉庫業最大手の寺田倉庫が担当しており、寺田倉庫は国内の有数な展覧会で掲示される美術品や絵画などの保管やリペアまでを任せられる屈指の倉庫で、温度や湿度管理が更にデリケートなワインなどの保管も手掛けています。


サマリーポケットの倉庫ですが、温度、湿度のコントロールは24時間、365日(1日2回のチェック)を行っています。その為、カビなどの発生を防げています。ここまで管理されているトランクルームは数少ないです。 しかも、季節によって、倉庫内の温度湿度の調整も行っています。

サマリーポケットの保管庫(寺田倉庫)
  1. 保管温度10~28℃
  2. 保管湿度40~65%

一般的な町中のトランクルーム
  1. 屋内タイプであれば、空調・換気対応している場合がある
  2. 屋外タイプは換気対応している場合はあっても、少なく、空調管理は皆無、
  3. 屋外タイプは外気温のプラスマイナス7度程度

町中のトランクルームでは、屋外タイプのコンテナ型では換気は行っていますが、空調管理しているところは数少なく、外の温度のプラスマイナス7℃の差はあります。また、屋内タイプで温度湿度管理されているトランクルームでも、ビル一棟をトランクルームにしているのであれば、温度湿度管理を徹底できますが、フロアの一部だったりをトランクルームにしている場合は、徹底することができません。保管面に関しても既存の一般的なトランクルームと同水準、それ以上の質が担保されています。


また、トランクルーム選びで重要なのが、セキュリティです。町中のトランクルームでは、屋外タイプの場合は、南京錠が基本です。もちろん専用の南京錠なので、簡単には空けることができません。また、従業員による定期巡回と防犯カメラでセキュリティをしています。

屋内タイプのトランクルームでは、カードキーによる入り口とトランクルームの2個所で防犯を行っています。また、店舗にスタッフが常駐位しているトランクルームは数少なく、基本、防犯カメラと提携先の警備会社にいたくしている形になります。


サマリーポケットの寺田倉庫のセキュリティは、友人管理はもちろん機械警備、防犯カメラ、人感センサー、外周セキュリティと、かなり厳しい管理体制になっている安心感と、一般的なトランクルームと決定的に違うのは、外部の人はもちろん、お客様でも倉庫に入ることができないという事です。

  一般の屋外型
トランクルーム
一般の屋内型
トランクルーム
サマリーポケット
空調管理 湿度管理
温度管理 ×
セキュリティ 防犯カメラ
ロック 南京錠 カードキー カードキー
定期巡回 常駐
人感センサー × ×
お客様の来店 ×


プラン内容と料金

一般のトランクルームは契約時に支払う初期費用と、毎月の支払に月額の賃料と共益費や管理費などが発生しますが、サマリーポケットでは、初期費用は無く、月額の保管料と、運送の取り出し送料のみがかかります。送る際に費用は発生しません。

ちなみに、一般のトランクルームの初期費用というのは、賃貸マンションや賃貸アパート同様に、敷金や礼金になる事務手数料や管理手数料、保証金、初月の日割り賃料、翌月の賃料などで、平均で賃料の2か月から5か月程度の費用を要求されます。

一般のトランクルームとサマリーポケットの費用感の違い
  一般のトランクルーム サマリーポケット
初期費用 月の家賃の2か月分~5か月分
  • 事務手数料
  • 管理手数料
  • 鍵交換手数料
  • 初月日割り賃料
  • 翌月の賃料
無料
荷物の運び入れ
  • 車のガソリン代
  • 駐車場代
無料
賃料 0.5畳で
3,000円~
10,000円程度/月
(地域差あり)
一箱250円~500円
運び出し
  • 車のガソリン代
  • 駐車場代
320円~910円


スタンダードプラン

スタンダードプランは、サマリーポケットで一番選ばれるタイプのプランで、この後説明するエコノミープランとの大きな違いは、荷物が写真で閲覧することができる点にあります。一箱に対し最大30点まで写真を撮影してくれて、サマリーポケットのアプリで保管している荷物を写真で管理できるので、何を預けたか忘れたといったトラブルが無くなります。また、必要に応じて、写真を見ながら、最低1点から、必要な商品を配送してもらう事ができます。

30点以上ある場合は、サマリーポケット側で複数をカテゴライズしてまとめて合計30点以下にしてくれます。


また、オプションに関して、後ほどの項で説明しますが、スタンダードプランでは以下のオプションを利用することができます。


サマリーポケットのオプションプラン
  1. おまかせヤフオク出品
  2. ハンガー保管
  3. クリーニング
  4. 布団クリーニング
  5. ラグ・マットクリーニング
  6. シューズクリーニング
  7. あんしんサポート

サマリーポケットのスタンダードプランの料金表
  レギュラー
ボックス
アパレル
ボックス
ラージ
ボックス
サイズ
(幅×奥行×高さ)
(㎝)
43×37×33 60×38×20 68×45×37
月額保管料
(税別)
300円 300円 500円
倉庫への
送料
無料 無料 無料
取り出し
手数料
(税別)
740円 740円 910円


エコノミープラン

こちらは、長期間荷物の保管をお願いする場合、まとめてお願いする場合などに、重宝するプランで、特に預けた荷物の一部を引き出す必要が無く、例えば、住み替えや、短期出張などで家財一式をお願いした場合など、まとめて引き出す予定がある物であれば、料金も安くオススメです。尚エコノミープランには、アパレルサイズの用意はありません。


エコノミープランの料金表
レギュラーボックス ラージボックス
サイズ(幅×奥行×高さ)(㎝) 43×37×33 68×45×37
月額保管料(税別) 250円 400円
倉庫への送料 無料 無料
取り出し手数料(税別) 740円 910円


ブックスプラン

サマリーポケットの書籍専用のプランで、箱に入るだけ入れらえ、サマリーポケットに届くと、本のタイトルと、作者が自動で登録されます。登録内容もサマリーポケットのアプリで閲覧ができ、必要に応じて、アプリから読みたい本を届けてもらう事が可能です。


ブックスプランの注意点

また、配送はゆうメールでポストに投函という形を取りますが、届けてもらう費用は、250g以内の量であれば320円、1,000g以内が500円。1kgを超える書籍を運び出すことは無いかもしれませんが、その場合は宅急便で750円で配送いただけます。(いずれも税抜き費用です。)

また、本にはバーコードがついているのが一般的ですが、バーコードが無い場合は宅急便での配送となり1冊であっても740円の費用が掛かってしまいます。


ブックスプランの料金表
ブックスボックス
サイズ(幅×奥行×高さ)(㎝) 45×34×23
月額保管料(税別) 400円
倉庫への送料 無料
取り出し手数料(税別) 250g以内 320円
1,000g以内 500円
1,000g以上 740円
バーコード無し 740円


サマリーポケットのプラン料金表

項目  サイズ
(幅×奥行×高さ)
(㎝)
エコノミープラン スタンダードプラン ブックプラン
保管料(税別) レギュラーボックス 43×37×33 250円 300円 -
アパレルボックス 60×38×20 - 300円 -
ラージボックス 68×45×37 400円 500円 -
ブックスボックス 45×34×23 - - 400円
取り出し送料(税別) レギュラーボックス 43×37×33 760円 740円 -
アパレルボックス 60×38×20 - 740円 -
ラージボックス 68×45×37 910円 910円 -
ブックスボックス 45×34×23 - - 250g以内 320円
1,000g以内 500円
1,000g以上 740円
バーコード無し 740円
サービス 写真撮影 -
品物ごとに取り出し -
オプション おまかせヤフオク出品 - -
ハンガー保管 - -
クリーニング - -
布団クリーニング - -
ラグ・マットクリーニング - -
シューズクリーニング - -
あんしんサポート - -


気になるオプションプラン

サマリーポケットのスタンダードプランは、色々なオプションメニューがあります。いずれも、町中にあるトランクルームでは対応できない内容、クラウド型の宅配トランクルームだからこそできるサービスです。



サマリーポケットのハンガー保管

預ける荷物がコートやジャケットなどのアウターの場合、箱の中で保管し続けると、形が崩れてしまったり、余計なシワがついてしまう事があります。

そこで、サマリーポケットで、スタンダードプランでは、写真付きで預けた荷物を管理しているわけですが、アプリ上でオーダーメニューで、ハンガー保管に変更してほしい衣類を、タップで選択することで、箱から取り出して、ハンガー保管に切り替えることができます。

ただし、注意事項として、一度、ハンガー保管にしたら箱に戻すことができなくなるので、ご注意ください。

ボックスの中身全てをハンガー保管にした場合は、ボックスの保管料は無料になります。

オプションメニュー 単位 料金
ハンガー保管 1アイテム当たり 60円/月


サマリーポケットのクリーニング

例えば、知人の結婚式に参加した後、礼服やドレスをしまって持って帰り、最寄りのクリーニング屋に洗濯をお願いして、後日、サマリーポケットに持っていってもらうというのも良いですが、このサービスを利用すれば、結婚式が終わったら、私服に着替えて、礼服やドレスを箱に詰めてサマリーポケットにホテルのロビーからサマリーポケットに送り、このクリーニングオプションを利用すれば、次回使う時も、キレイな状態で着ることができるし、楽ですよね。

つまり、保管機能付きの宅配クリーニングとして利用するという事です。

しかもクリーニングもしっかりドライクリーニングで対応するコース設定と、水溶性の汚れも処理できる水洗いのような洗浄、アクアプラスで処理する方法を選べます。

また、シミの除去率も80%という品質の良いクリーニングができます。仕上げのアイロンも衣類の種類に合わせて、アイロンがけを行い、シワの確認を目視で行う徹底ぶりです。

コース名 料金(税抜) 内容
スタンダードコース 620円/1点 洗いorドライ
+
「しみ抜き
プレミアムコース 880円/1点 特殊ドライクリーニング
「アクアプラス」
+
しみ抜き

衣類の種類問わず、この料金になっています。

高級品やモンクレールやデュペティカのような高級ダウン、マッキントッシュのゴム引きコート、特殊素材、動物の毛皮などは別料金になり、見積もりが来ます。



サマリーポケットの布団クリーニング

そもそも布団が保管できるのか?という疑問もあるかも知れませんが、ラージサイズであれば、問題なく、箱の中に入ります。

圧縮できれば、複数枚入れることが可能です。サマリーポケットに送った後に、アプリから布団クリーニングを選ぶだけです。

布団、毛布、敷きパット、枕を1点から対応してくれます。

クリーニング後の配送に関しては、圧縮して送ってくれるので、自宅でも場所を取らず保管ができます。

使い方としては、冬場の羽毛布団やこたつ布団などを温かくなる3月頃にサマリーポケットに出して、秋口9下旬ごろに、布団クリーニングオプションを利用して、10月下旬から11月上旬に配送してもらうようにすれば、いつも夏場に場所を取っていた布団がスッキリするうえに、毎年、使う時期にはきれいな状態で布団を使う事ができるというメリットがあります。

寝具 料金(税別)
布団 4,000円
毛布 2,000円
敷きパッド 2,000円
2,000円
シーツ 1,000円
布団カバー 1,000円
枕カバー 800円

ちなみに、ダブルサイズでも同じ料金です。



サマリーポケットのラグ・マットクリーニング

カーペットを定期的に交換して使っている家庭などは、カーペットの保管に苦労していますよね。そもそも厚手なので、丸めても結構な大きさになります。サイズが大きければ大きい程困ってしまいます。

そこで、サマリーポケットのラグマットクリーニングオプションの出番です。使っていない交換済みの絨毯をサマリーポケットに送り、実際に使いたい時期になったら、オプションを利用して、洗ってもらって配送してもらい、今使っている絨毯を新たに、サマリーポケットに預けるという使い方ができますよね。クリーニングオプションを選択して、仕上がりまで4週間程度要するので、うまく利用する日程を逆算して、このオプションを使えれば、定期的に交換ができ、自宅スペースを有効活用しながら、常に新しい洗い立ての絨毯を敷けるという事になります。こちらも、サマリーポケットのアプリやサイトから写真で絨毯を見つけて、タップするだけでオーダーができます。

絨毯のサイズ 料金(税別)
1~3畳 3,280円
3畳以上 別途見積もり

また、サマリーポケットのラグ・マットクリーニングオプションで、一部対応できない絨毯もあるので、共有しておきます。

サマリーポケットのラグ・マットクリーニングオプション対象外絨毯
  • 緞通
  • シルク緞通
  • ペルシャ等の高級絨毯
  • 低反発素材のもの
  • 電気カーペット


サマリーポケットのシューズクリニング

サマリーポケットは靴のクリーニングにも対応しています。例えば、普段使わない靴や、季節ごとに使い分けている靴などは、自宅のシューズインクローゼットにしまっておいても、保管の仕方によってはカビが生えたり、普段から靴磨きなどケアしていなければ、劣化していきます。

また、普段履いていれば、色落ちや傷などが増えていきますし、靴の中にも汚れができていきます。

そもそも普段履かないのであれば、劣化を防ぐという目的でサマリーポケットに預けるだけでも良いですが、せっかくなので、クリーニングもしてもらいましょう。新品同様の状態を目指してくれます。


サマリーポケットのアプリや公式サイトからログインして、シューズクリーニングして欲しい靴の写真でどれにするか選ぶだけです。

届き次第、専門のスタッフが靴の状態を確認してキズや汚れの状況を見極め、素材などから、適した専用洗剤で、靴磨きだけでは落とせない汚れをしっかり落としていきます。しかも靴の中まで洗浄します。

洗浄後、色落ちした部分を補色し、傷の部分や擦れた部分などを補正して新品同様に仕上げていきます。

メニュー 料金
シューズクリーニング 3,000円(両足)


サマリーポケットのリペア

上記、サマリーポケットのシューズクリーニングだけでなく、靴のすり減りにも対応しています。ヒール、ソールのいずれか、または両方のリペアに対応しています。

公式サイトやアプリからログインして、リペアして欲しい靴の画像を選択するだけで、リペアしてくれます。

すべて職人による手仕上げの対応となり、ヒール(かかと)やソール(前底)のゴムの部分を新品に取り替えます。

ピンヒールには、Casali社のヒール素材になり、太いヒールはViram社製のゴム素材になります。色は2種類、ブラック、ベージュのいずれかです。

ソールの修理にはVibram(ビブラム)社製のゴム素材になります。

ビブラム社は登山靴など、滑りやすい環境下に対応した素材メーカーでもあるので、効果としては、純正のものより良くなる可能性もあります。

紳士靴やハイヒールだけではなく、ウェッジソールなど靴底が一体になった靴の修理もできるそうです。

家にいながら、靴の修理工場に持ち込んで治してもらうのと同等のリペアができるので、忙しい方で靴を大事に使い続けたい、思い出の靴などを預ける人にはオススメのメニューです。

リペアするのであれば、このページの一つ上のメニューにあるシューズクリーニングオプションと併用することで、新品同様になって戻ってくるので、試してみてください。

ちなみに料金は新品に交換する面積に応じて料金が設定されており、仕上がりはオーダーから約4週間程度の時間を要します。

  すり減りの程度 価格(税抜き)
婦人靴 ヒール(かかと)両足 3×3㎝ 1,280円
6×6㎝ 2,000円
上記以上 2,780円
ソール(前底)両足 - 2,780円
ヒールとソール両方(両足) 3×3㎝ 4,060円
6×6㎝ 4,780円
上記以上 5,560円
紳士服 ヒール(かかと)両足 2,780円
ヒール(前底)両足 2,980円
ヒール・ソール両方両足 5,760円


サマリーポケットのヤフオク出品

ヤフーオークションに出品ができてしまうオプションです。よく、転売や不用品をオークションサイトに出品する目的でフリマのように、在庫をトランクルームにおいて、売却できたら、トランクルームから出品物を郵便局や、コンビニなどから郵送するという人もいるかと思いますが、サマリーポケットでは、在庫管理から販売までをサマリーポケットに委託できてしまうという内容です。

荷物を送付すると、写真撮影付きで保管をしてくれるサマリーポケットの管理画面から、出品したい商品をタップして最初に出品価格を決めるだけで後は、サマリーポケットが業務委託をしているかのようにヤフオクに出品してくれます。

売却が成立したら、サマリーポケットの倉庫から落札者に商品を送ってもらえます。その際の送料はユーザー負担にしておけば、余計な費用も発生しません。

非常に便利ですよね。お金の引き落としは初回は、日本郵政の「本人限定受取郵便(特例型)」が必要になり、 自宅で受け取りか郵便局で受け取りになるか、運転免許所やマイナンバー、パスポート、健康保険証など、身分証明書を持参して、本人確認が成立後にサマリーポケットの管理画面から、振り込み申請をするだけです。1万円未満の場合は振込手数料が216円差し引かれるので、余裕があれば1万円以上まで貯めてから引き落とすことをお勧めします。

また、手数料としては、落札価格の金額に応じて手数料が以下の通り決まっており、出品開始からヤフオクの管理画面を凝視し続ける手間を考えると、便利です。特に複数の出品をされている人はより便利です。

ヤフオク出品手数料一覧
落札価格(1点あたり) 出品代行手数料
300,000円〜 10%
100,000〜299,999円 12%
50,000〜99,999円 17%
20,000〜49,999円 22%
10,000〜19,999円 28%
5,000〜9,999円 30%
1,500〜4,999円 1,500円
1,500円以下 全額手数料

注意事項としては落札価格が1,500円以下の場合は、全額が手数料になってしまうので、ご注意ください。

また、109ブランドやファストファッションブランドなどは出品ができないとか、アダルトNGなどのルールもあるので事前に確認しておきましょう。



サマリーポケットのあんしんサポートオプション

はじめてサマリーポケットを利用する人であまり、ウェブリテラシーが低い人や、高級品を預ける人はサポートを保証がセットになったオプションがあります。これが、サマリーポケットのあんしんサポートオプションでひと箱50円/月で、選択可能です。また、引き受けている保険会社も東京海上日動火災保険のロジスティック総合保険という安心の大手の損保の商品になります。


安心の補償内容としては、事故などで預けている荷物に最大50万円の保証が付く内容になっており、ひと箱月50円で最大50万円もの補償(1点あたり最大5万円)なので、要件等ですね。ちなみに、通常ではひと箱に対して1万円の保証がついています。


また、サポートサービスで電話でのサポートを受けられるといった内容です。あまりネットサービスが得意でない人や、スマホの操作やパソコンの操作が苦手な人などにはおすすめです。

口コミ

サマリーポケットの公式サイトへ

口コミ募集中!

地域: 年代別: 性別: ご職業など:
口コミを投稿する ※口コミは、内容が確認されしだい掲載されます。

サマリーポケットの公式サイトへ